【2019年度版】これだけは読むべきサッカーマンガ【14選】

こんにちは。

 

多くのジャンルがある中で,スポーツマンガが特に好きな人は多いと思います。

スポーツマンガは登場人物の熱い想いや努力が叶った瞬間,努力が叶わなかった瞬間など,読んでいて多くの喜怒哀楽の気持ちを感じることができます。

特に主人公だけでなく,自分と似たような境遇にいるキャラクターの場合は感情移入し,更にのめり込むこともしばしばです。

そんな人気スポーツマンガですが,種目によっても作品数は様々です。

今回はサッカーマンガに絞り,そのオススメ度をランキング形式にして発表します。

私自身,サッカーはたまに友人と遊びでやる程度なので,ほとんど素人に近いのですが,サッカー初心者が読んでいても非常に楽しめる作品ばかりで,またサッカー経験者でも非常に共感できるマンガでもあると思いますので,ぜひ参考にしてください。

スポーツマンガにはどんな種類があるか

スポーツマンガをいくつかの種類にわけると

野球・・・ダイヤのA,メジャー

サッカー・・・ジャイアントキリング,アオアシ,オフサイド

バスケ・・・スラムダンク

野球・・・ドリームス

バスケ・・・黒子のバスケ

テニス・・・テニスの王子様

野球・・・タッチ,H2

サッカー・・・BE BLUES!,エリアの騎士

バスケ・・・DEAR BOYS,あひるの空

テニス・・・ベイビーステップ

野球・・・Mr.FULLSING,逆境ナイン

野球・・・ROOKIES

サッカー・・・Angel voice

バスケ・・・スラムダンク

 

などがあります。

イチロウ
微妙にジャンルと異なるものや,他にも多くの名作がありますが,今回はこのへんで。

サッカーマンガの特徴とは

このようにスポーツマンガのジャンルをいくつかの作品に当てはめていくと,サッカーマンガについては,異次元能力を駆使するような作品はあまりありません。(少林サッカーという映画が昔ありましたが,それくらいではないでしょうか。)

どちらかというと,割と現実的なサッカーの範囲で戦略を駆使したり,落ちこぼれの主人公が並外れた努力により,駆け上がっていったり,といった展開が多いようです。

サッカーマンガのレジェンドといればキャプテン翼ですが,この作品は他のサッカーマンガと比べてみると,現実離れした必殺技が多いですね。

しかし,最近の人気あるサッカーはシュートしたボールでゴールネットを突き破るような,とんでも展開はなく,現実で起こりうる範囲で展開されています。

(もちろん脚色はありますが)

これだけは読むべきサッカーマンガを発表

さて,今回のランキングでは,「これだけは読むべきサッカーマンガ」として作成をしました。

このランキングはマンガ好きの友人との議論の結果と私の主観が多く含まれているため,異論は多くあるかもしれません。

あくまで,一個人のマンガ好きの意見として参考にしてください。

 

それでは,どうぞ!

  • アオアシ

    アオアシ

    愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに

    イチロウ

    猪突猛進的なところがありながらも「考える」ことができる主人公の葦人が,1つ1つの課題をクリアしたり,他のキャラがそれぞれ苦悩・目標を明確にもっていたりと,これまでのサッカーマンガの面白さを凝縮したようなマンガです。

    ユースを舞台にしているので,全員がプロサッカー選手になることを目指しているという明確な意識の高さも見どころの1つです。

    タイトルは「アオアシ」ですが,青井葦人が「アオアシ」と呼ばれたことはありません。

    ・葦人に立ちふさがる壁

    ・高い意識でプレーする選手たち

  • ジャイアントキリング

    ジャイアントキリング

    本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる!達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANTKILLING(ジャイアント・キリング)!!東京下町の弱小プロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督に就任した達海が、意表をつく戦略とカリスマ性で、負け癖のついてしまった選手、スタッフ、そしてサポーターたちにパワーをくれる!

    イチロウ

    主人公の達海は若くして現役を引退してしまった天才プレーヤーでしたが,現在は監督としてサッカーに携わっています。

    監督目線という他のサッカーマンガとは違った奥深さを感じることができます。

    それぞれの選手の想いが非常に鮮明に描かれています。

    ・達海の独特なサッカー観

    ・椿の成長

  • フットボールネーション

    ファンタジスタ

    サッカー雑誌の女性カメラマン・緒形は、ある時、アマチーム「東京クルセイド」の取材を命じられる。そのチームの選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」…ふざけたチームだと、しぶしぶ河川敷に出かけた緒形だったが、そのチームとは別に、ある才能に出会う!

    イチロウ

    新感覚のサッカーマンガで,サッカー考え方に対する理論的な部分が多く,(全て現実で活用できるかは別ですが)なんとも勉強になります。

    少年系のマンガではないので,熱い青春ストーリーというわけではありませんが,熱い青春よりも現実なサッカーを読みたい人は必見です。

    ・独特のサッカー理論

    ・主人公の千尋の過去

  • BE BLUES!

    BE BLUES!

    一条龍は、本気で日本代表になることを夢みているサッカー少年だ。幼なじみの双子・優人と優希といっしょに、まずは全国少年サッカー大会で優勝を目指す!!1対1の躍動感!ゴール前の緊迫感!絶妙の連携プレーを成功させたときの高揚感!サッカーの醍醐味がここにある。本格サッカー大河ロマン堂々開幕!!

    イチロウ

    天才少年の龍は小学生の頃に友達をかばうために大怪我をしてしまいます。

    しかしそれに負けずにリハビリを重ね,中学生に復帰,理想のプレーになかなかたどり着けなくても高校生になった今でも努力をし続けます。

    青春サッカーマンガの決定版です!

    ・龍の不屈の精神

    ・青春サッカーマンガ

  • エリアの騎士

    エリアの騎士

    “日本サッカーの至宝”“U-15の天才エース”と呼ばれる兄・逢沢傑(あいざわ・すぐる)に憧れながらも、とある過去の呪縛によって、マネージャー職に「逃げ」てしまった元FW(フォワード)の駆(かける)。人前ではボールを蹴れないそぶりを見せつつも、本当はサッカーをしたくてたまらない――。ジレンマだらけの駆だが、「お前は世界レベルのFWになれる!」という檄(げき)を浴びる。

    イチロウ

    サッカーマンガですが,どちらかというと兄弟の絆がメインとなっており,亡くなった兄が乗り移ったかのようなプレーは神がかっています。

    恋愛要素もあり,非常にバランスのとれたサッカーマンガです。

    ・兄弟の絆

    ・ドラマチックな展開

  • DAYS

    DAYS

    少年たちは全力で、笑い、泣き、走る!!心をジンジン刺激する!激熱サッカー漫画!!――何のとりえもない、特技もない。けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本(つかもと)つくし。孤独なサッカーの天才・風間陣(かざま・じん)。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!!

    イチロウ

    努力だけが取り柄の柄本が,サッカー部という自分の居場所を見つけ,ひたすらに頑張っていきます。

    個性的な聖蹟メンバーもとても味がでていて,さらに対戦相手にも魅力があって,人気急上昇中のマンガです。

    素人からのし上がるスポーツマンガは多く,元から運動神経に優れているか頭脳プレーが得意といった特徴があることが多いのですが,主人公のつくしは,どちらも持っていないにも関わらずひたむきに努力し続ける姿にも感動します。

    ・聖蹟サッカー部の熱い友情

    ・風間との出会い

  • ANGEL VOICE

    ANGEL VOICE

    ケンカだったらレアル相手でも楽勝!!腕に覚えのある“ワル”が集まり、“県内最強軍団”と皮肉られる市立蘭山高校サッカー部。その奇跡の物語が始まる。熱き心を取り戻せ!!本格高校サッカー巨編!!

    イチロウ

    最近読んだマンガでしたが,不良マンガというイメージの割に嫌な感じもなく,サッカーが始まるととことんサッカーを追求していきます。

    とにかく作中で,作者がこのようなストーリーにしていくんだ。というしっかりとした構成で,タイトルがとても重要なワードになっていること,1巻の表紙と終盤の一番盛り上げる部分に伏線が張ってあることがわかったときは驚愕でした。

    また,泣かずにはいられない展開で一度は読むことをオススメします。

    ・エンジェルボイスの存在
    ・乾から成田へのパス

     

     

  • オフサイド

    オフサイド

    熊谷五郎は類まれな資質をもつ中学生ゴールキーパーだ。しかしチームは弱小。一度も勝てぬまま最後の公式戦を終えた。五郎と勝利をわかちあいたいチームメイトたちは、引退試合を計画。五郎は相手校の2トップ、薬丸英樹と佐藤真悟の猛攻をしのぎ、見事初勝利を飾る。サッカーの名門・横浜高校入試当日、五郎はアクシデントに遭い、受験を断念。私立川崎高校に入学するが…。熱き青春が今蘇る!

    イチロウ

    サッカーに対する描写も非常に繊細に描かれていますが,人間同士の描写が非常に繊細です。

    等身大の高校生たちがサッカーや人間関係にと,様々な葛藤とともに成長をしていきます。

    ・五郎の芯の強さ

    ・チームメイトの薬丸と佐藤のコンビ仲

  • ホイッスル

    ホイッスル

    サッカーの名門校で、背が小さいだけで3軍補欠だった風祭。サッカーを諦めたくない風祭は桜上水へ転校する。だが名門校でレギュラーだったと勘違いされ…。

    イチロウ

    サッカーが決して上手くない主人公の将が,コツコツ努力をして上を目指していく物語です。設定的には王道中の王道ですが,多くの挫折を味わいながらひたむきに頑張る姿にとても感動します。

    ホイッスルの続編である「W」にも注目が必要です。

    ・将のひたむきな姿

    ・挫折や葛藤を繰り返しながら成長する姿

  • 振り向くな君は

    振り向くな君は

    ぜんそく持ちの少年・成神蹴治(なるかみ・しゅうじ)は、父・龍(りゅう)が創った桜木(さくらぎ)高校サッカー部でプレーするのが夢だ。桜木高校入学式の前日、蹴治は北海道からやって来た少年・犬童(いんどう)かおるに出会う。二人は、訪れた桜木高校の練習試合で急きょ、後半戦から出場することに。蹴治とかおるがピッチに立った時、奇跡が生まれる……!!

    イチロウ

    DAYSのスピンオフ作品という印象になっているようですが,元々この作品があって,DAYSでも桜木高校が登場するというが正しいと思います。

    主人公の成神は喘息持ちで満足にサッカーができないという設定から,あそこまでのプレーヤーになるのは少し無理がありますが,それでもハンデを乗り換えていく姿はとても感動します。

    ・DAYSとの関係

    ・犬童かおると成神蹴治

  • ブルーロック

    ブルーロック

    2018年、W杯、日本代表ベスト16敗退…。これを受け日本フットボール連合は、W杯優勝のため、300人の高校生を集めた育成寮“青い監獄(ブルーロック)”を設立。コーチを務める男・絵心甚八は、日本に必要なのは「エゴイズムにあふれるストライカーだ」と断言。無名のFW・潔 世一たちは、己をエゴイストに変える蹴落とし合いの選別に挑む!

    イチロウ

    最強のストライカーになるために,エゴイストたちが集まり凌ぎを削っていきます。

    サッカーマンガは青春的な友情が描かれることが多いですが,このマンガは全員がライバルなため,青春的な友情はあまりありませんが,ライバルだからこその友情という部分は他のサッカーマンガにはとても魅力的な部分です。

    ・それぞれの最強の武器

    ・エゴイストたちの熱い闘い

  • キャプテン翼

    キャプテン翼

    サッカーボールを友達に育った少年、大空翼は小学6年生。南葛小に転校してきた翼は、修哲小の天才GK・若林源三と出会う。翼は若林に勝負を挑むが、決着は両校の対抗戦でつける事に!!

    イチロウ

    サッカーマンガといえばこのキャプテン翼でしょう。

    他のサッカーマンガよりもゴールネットが破けるほどの必殺シュートや,現実ではありえないようなアクロバット技がありますが,サッカーを世に広めた名作です。

    天才少年翼の活躍は留まることを知らず,続編がどんどんと出ており,海外から大人気でツバサを目指してサッカーを始める人も多いようです。

    ・天才少年翼の活躍

    ・様々な必殺技

  • シュート

    シュート

    憧れの「背番号10」久保嘉晴(くぼ・よしはる)とプレイするために、新設の掛川高校に入学した田仲俊彦(たなか・としひこ)=トシ。掛西中では活躍していた田仲だが、入院中の久保にも会えず、雑用ばかりやらされる毎日にうんざりしていた。が、マネージャー遠藤一美(えんどう・かずみ)の策略で、2年生と試合するはめに……

    イチロウ

    サッカーマンガと言えば,キャプテン翼かシュートという名作中の名作です。キャプテン翼ほど必殺技があるわけではないので,青春サッカーマンガとしてこちらの方が好きと言う方も多くいます。

    ・中学からのチームメイト3人の絆

    ・成長していく掛川サッカー部

  • ファンタジスタ

    ファンタジスタ

    九州の小島から、サッカー選手を夢みて一人の少年がやってきた。名門ACミランのスカウトさえ虜にした彼の名は…坂本轍平!都立水本高校サッカー部は、坂本琴音という女性監督率いる弱小チーム。彼らの今日の対戦相手は、強豪・帝東高校だ。スター選手ぞろいの帝東高校相手に善戦する水本高校だが、先制点を入れられた途端、集中力を失ってしまう。そこへ、遅れてやって来た坂本轍平が加わり、瞬く間に同点ゴールを決めた!!

    イチロウ

    現代サッカーでは珍しいファンタジスタを題材としており,サッカー戦略の変化についても学ぶことができます。

    テッペイの成長など,とても見応えがあります。

    ・ファンタジスタテッペイの美技

    ・テッペイと仲間の成長

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

今回ランキング上位にのせた作品は多くはまだ連載中ですので,今後の展開によりランキングが変動することが多いにありえます。

サッカーマンガは大枠のジャンルではあまり違いが出ませんが,それぞれのストーリーを個別に見てみると非常に個性的でどの作品も楽しく読むことができます。

アオアシ・・・ユースを舞台にした物語

ジャイアントキリング・・・プロサッカー監督が主人公

フットボールネーション・・・経歴不問のサッカーチームが日本プロサッカーチームを倒していく

BE BLUES!~青になれ~・・・幼少期に大怪我をした天才少年の軌跡

Angel voice・・・不良高校生がサッカーを通じて成長する物語

ブルーロック・・・エゴイストになるためのストライカー達の闘い

このように,それぞれ個性的なストーリー展開となっています。

特に,上位3位にあげている以下の作品が個人的にはオススメです。

猪突猛進的なところがありながらも「考える」ことができる主人公の葦人が,1つ1つの課題をクリアしたり,他のキャラがそれぞれ苦悩・目標を明確にもっていたりと,読んでいて心震える作品です。
主人公が監督であるという点で,他の漫画と視点が異なり初心者でもサッカーの奥深さを感じることができます。
これまた新感覚のサッカーマンガで,サッカー考え方に対する理論的な部分が多く,(全て現実で活用できるかは別ですが)なんとも勉強になります。

 

これらの3つについては,個人的にはとても好きな作品ですので,もしまだ見たことのない方はぜひこの機会に読んでください。

最新情報をチェックしよう!