【2019年度版】週刊少年サンデーでこれだけは読むべき準名作作品【14選】

こんにちは。

 

マンガを読みたいと思っても,最終的に読んで後悔した。と思ってしまっては残念ですよね。

今回は,名作と呼ばれる作品にスポットを当ててランキングを作成しました。

今回のランキングは週刊少年サンデーで連載をしていた作品に絞りました。

前回の記事でもサンデーで連載をしていた作品に絞りましたが,前回のランキングはサンデーの中でも超名作作品をランキングしましたが,そのランキングの作品は既に知っている!というものが多いと思います。

そこで今回は,サンデーの中でも前回の超名作で誰もが知っているというところまではいかないものの,絶対に読んだ方がよい準名作という立ち位置でランキングを作成しました。

関連記事

こんにちは。マンガを読みたいと思っても,最終的に読んで後悔した。と思ってしまっては残念ですよね。そこで今回は,名作と呼ばれる作品にスポットを当ててランキングを作成しました。今回のランキングは週刊少年サンデーで連載をしていた作品に絞りま[…]

 

週刊少年マガジンで連載をしてした作品に絞ったランキングについては,こちらをご覧ください。

関連記事

こんにちは。 マンガを読みたいと思っても,まだ連載中の作品は良いところで続きが読めずに歯がゆい思いをすることがあります。そこで今回は,既に完結している作品にスポットを当ててランキングを作成しました。完結している作品は世の中[…]

関連記事

こんにちは。 マンガを読みたいと思っても,まだ連載中の作品は良いところで続きが読めずに歯がゆい思いをすることがあります。そこで今回は,既に完結している作品にスポットを当ててランキングを作成しました。完結している作品は世の中[…]

関連記事

こんにちは。 連載中の作品は始めから読んでいないと途中から読み始めるというのは中々入り込みにくい部分もあるかと思います。しかし,最近は電子書籍を活用すると数巻無料で読める!といったサービスもあります。ある程度面白いと評判の[…]

 

ぜひこのランキングを参考にして,一気に完結まで読破しましょう。

 

週刊少年サンデーとは

週刊少年サンデーは,小学館が発行する週刊少年漫画雑誌です。(毎週水曜日発売)

1959年3月に創刊され,60年以上の歴史があります。

少年漫画誌では,週刊少年ジャンプ,週刊少年マガジンに次いで3位の発行部数を誇り,作品個々の人気度合いでいえば,ジャンプ・マガジンを凌ぐほどの作品も多く見受けられます。

発行当初は,コメディ系の作品が多く,「ギャグのサンデー」と呼ばれていましたが,1980年代頃から,「ラブコメ」が台頭し,多くの方が気軽に読める作品が多く連載をしていました。

タッチ,うる星やつらが,1980年代後半に終了し,らんま1/2,YAIBAなどのヒット作が生まれ,1990年代以降,メジャー,名探偵コナン,犬夜叉など黄金期を支える新時代の名作が生まれていきました。

週刊少年サンデーの特徴とは

週刊少年雑誌といえば,「ジャンプ」「マガジン」とあり,発行部数でいってもその次に「サンデー」という序列になります。

特徴としては,個人的なイメージですが,

とにかく面白い作品はとことん面白い!

ことが言えると思います。

裏を返せば,それだけ面白い作品がありながらも,発行部数が「ジャンプ」「サンデー」に劣っているということは,全体的なレベルが今一つ。ということが言えるかもしれません。

現に,私はこれらの三大少年雑誌を毎週愛読していますが,ジャンプとマガジンはほぼ全ての作品を読みますが,サンデーに関していえば読まない作品もチラホラあります。

しかし繰り返しになりますが,面白い作品はとにかく面白いです。

そのため,普段サンデーを毎週読むことはないけれど,個人的に好きな作品があるので,単行本を集めている。という方が多くなっているかもしれません。

週刊少年サンデーの作品傾向とは

サンデーの作品傾向としては,ジャンプは情熱的な作品,マガジンはちょっぴりシリアスでグロテスク有の大人向けな作品という印象の丁度中間に位置すると思っています。

この中間という良い按配が多くの方に愛される作品を生み出しています。

また,今回のランキングではスポーツ系の作品が多くランクインしています。

サンデーは意外とスポーツ作品に強く,他の連載誌のスポーツマンガと比較すると,「ピュア」な作品が多いです。

大人な向けなスポーツマンガは,暴力的な描写や性的な描写がある作品が多いのですが,サンデーのスポーツマンガは,「青春」「無邪気」「真っ直ぐ」「純愛」といった,心が洗われるような清く,それでいて面白い作品が多いです。

特に今回ランクインしている作品は本当にオススメな作品ばかりです。

週刊少年サンデーでこれだけは読むべき準名作作品を発表

さて,今回のランキングでは,「週刊少年サンデーでこれだけは読むべき準名作作品」として作成をしました。

このランキングはマンガ好きの友人との議論の結果と私の主観が多く含まれているため,異論は多くあるかもしれません。

あくまで,一個人のマンガ好きの意見として参考にしてください。

それでは,どうぞ!

  • BE BLUES!

    BE BLUES!

    一条龍は、本気で日本代表になることを夢みているサッカー少年だ。幼なじみの双子・優人と優希といっしょに、まずは全国少年サッカー大会で優勝を目指す!!1対1の躍動感!ゴール前の緊迫感!絶妙の連携プレーを成功させたときの高揚感!サッカーの醍醐味がここにある。本格サッカー大河ロマン堂々開幕!!

    イチロウ

    天才少年の龍は小学生の頃に友達をかばうために大怪我をしてしまいます。

    しかしそれに負けずにリハビリを重ね,中学生に復帰,理想のプレーになかなかたどり着けなくても高校生になった今でも努力をし続けます。

    青春サッカーマンガの決定版です!

    ・龍の不屈の精神

    ・青春サッカーマンガ

  • 銀の匙

    銀の匙 Silver Spoon

    大自然に囲まれた大蝦夷農業高校に入学した八軒勇吾。授業が始まるなり子牛を追いかけて迷子、実習ではニワトリが肛門から生まれると知って驚愕…などなど、都会育ちには想定外の事態が多すぎて戸惑いの青春真っ最中。仲間や家畜たちに支えられたりコケにされたりしながらも日々奮闘する、酪農青春グラフィティ!!

    イチロウ

    鋼の錬金術師で有名な荒川先生の作品で,北海道の農業高校を舞台とした学園マンガです。鋼の錬金術師のほのぼの回というような印象で,ゆるめの雰囲気ながらも,それぞれのキャラクターの心情や想いが伝わってきます。

    ・汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!
  • 今日から俺は

    今日から俺は

    「この転校をキッカケに俺は…」今までさえなかった三橋は目立ちたい一心で金髪パーマでツッパリデビュー!そんな三橋の前にもう一人の転校生、トンガリ頭にマスクでキメた伊藤が現れて……。金髪とトンガリ頭の最強ツッパリコンビが繰り広げる青春不良コメディ!

    イチロウ

    ドラマ化も果たした人気不良系マンガです。ゴリゴリの不良で見ていて痛々しいという雰囲気はあまりなく,他の不良系マンガと比べると青春要素の強い作品でもあります。ドラマが気に入った方はぜひ原作も読んでみてください!

    ・ザ・不良の青春ストーリー
  • ファンタジスタ

    ファンタジスタ

    九州の小島から、サッカー選手を夢みて一人の少年がやってきた。名門ACミランのスカウトさえ虜にした彼の名は…坂本轍平!都立水本高校サッカー部は、坂本琴音という女性監督率いる弱小チーム。彼らの今日の対戦相手は、強豪・帝東高校だ。スター選手ぞろいの帝東高校相手に善戦する水本高校だが、先制点を入れられた途端、集中力を失ってしまう。そこへ、遅れてやって来た坂本轍平が加わり、瞬く間に同点ゴールを決めた!!

    イチロウ

    現代サッカーでは珍しいファンタジスタを題材としており,サッカー戦略の変化についても学ぶことができます。

    テッペイの成長など,とても見応えがあります。

    ・ファンタジスタテッペイの美技

    ・テッペイと仲間の成長

  • ARMS

    ARMS

    高槻涼は進級したばかりの高校二年生。始業式のその日に現れた転校生・新宮隼人は奇妙な左腕を振りかざし、突然涼に襲いかかった。さらに、対峙する二人の前に、謎の男・爪(クロウ)が現れる。爪が涼の幼なじみ・カツミを傷つけようとしたまさにその時、涼の右腕が…!?その腕が掴むものは…神の未来か、悪魔の過去か…!!

    イチロウ

    そこまで巻数が多くないながらも,非常に内容の濃い作品です。サンデーでの連載でしたが,青年誌で描かれるような「リアル」さが印象に残りました。戦闘シーンだけでなく,生きていくうえの非情さや無情さのようなもの散りばめられていて,とても読み応えがあります。

    ・不思議の国のアリスをモチーフにしたちょっぴり大人向けファンタジー
  • ラフ

    “人殺し”その年の新入生一番の美少女が初対面の俺に投げかけた言葉。そこからすべてがはじまった!高校を舞台に、人生の“下描き”たちが繰り広げる甘く切ない現代版ロミオとジュリエット。

    イチロウ

    野球マンガのあだち充先生は最高ですが,それに引けをとらない水泳を舞台にした名作です。あだち充先生の主人公はほとんど同じ顔だと言われてもしょうがないくらい似ているかもしれませんが,いろいろな作品を見ていると,顔も違うし,性格も違う。

    ラフの主人公大和は,他の作品の主人公と比べると勝ち気な性格で,喧嘩も強いです。

    また,ヒロインも「朝倉南」のような尽くしてくれるようなタイプではなく,少しおてんばさんですが,この2人の掛け合いが非常に良いテンポと魅力を生み出していると思います。

    ・すれ違う二人のラスト
  • 結界師

    結界師

    その昔、霊感の強い烏森家の殿様が妖しげなものを呼びよせてしまったために、それを退治する結界師が生まれた。かつての城跡に建つ私立・烏森学園を舞台に、400年後の現在も跋扈(ばっこ)し続ける妖怪に立ち向かう墨村家と雪村家の若き後継者、良守と時音の活躍を描く妖結界バトルストーリー!!

    イチロウ

    流行りの主人公がめちゃめちゃ強いわけではなく,未熟だからこそひたむきに努力したり,仲間のために闘うということを知っています。兄が非常に優秀ですが,一方で主人公の能力を認めているからこそのすれ違いも垣間見れます。

    ・まっすぐな主人公良守と謎が多い兄正守の対比
  • KATSU

    里山活樹と水谷香月。二人のカツキが繰り広げる、青春ボクシングストーリー。

    イチロウ

    主人公とヒロインの二人の「かつき」のボクシングをテーマにした物語です。あだち充先生といえば野球マンガのイメージだと思いますが,他のジャンルのスポーツもあだち充ワールドは健在で,男女の甘酸っぱい関係を上手に表現しています。

    ボクシングの展開も非常に面白く読み応えがあります。

    ・二人の「かつき」とボクシング
  • 最強!都立あおい坂高校野球部

    最強!都立あおい坂高校野球部

    都立高校教師・菅原鈴緒は、専用グラウンドもない野球部で甲子園を目指す女性監督。だが、その熱血指導が災いして、春休み中の練習試合当日、全10人の部員中6人が退部届を残して逃げ出してしまった。力を落とした鈴緒が対戦相手に謝ろうとしたとき、さっそうと5人の選手が彼女のもとへ走ってくる。それは6年前の夏、甲子園予選敗退に涙する高校3年生の鈴緒に、「甲子園へ連れてってやるよ」と誓った少年たちだった…!!

    イチロウ

    「鈴ねぇを甲子園に連れて行く」という合言葉に少年野球で活躍した主人公たちが中学でも大活躍をし,弱小高校にこぞって入学します。

    田中モトユキ先生は,今大人気のサッカーマンガ「BE BLUES」の作者で,このあおい坂で人気となりました。

    田中先生の作風でもある,少年たちの熱い闘いがこの作品でもとっても魅力的に描かれています。

    ・同じ目的をもった主人公たちの熱い結束
    ・珍しい左のアンダースローを武器に打者をキリキリ舞い
    ・有名校への推薦を蹴ってまで入学した曲者揃いのチームメイト
  • クロスゲーム

    月島若葉がこの世を去った小5の夏から4年後の秋。
    星秀学園中等部の3年生になった光は、部活にも入らず、一見ヒマそうな毎日を送っていた。一方、同じ星秀学園の野球部で主将&キャッチャーを務めているのは、昔は乱暴者の悪ガキだった同級生・赤石。そして彼のミットに速球を投げ込んでいるピッチャーはといえば、なんと星秀学園中等部2年になった月島青葉であり…

    イチロウ

    仲良しの幼馴染である若葉が冒頭で事故により亡くなってしまいます。

    主人公のコウがショックで泣いているシーンは物語が始まってすぐなのに泣きそうになりました。

    若葉に言われたことは大抵できてしまったコウが160kmの速球を投げるためにピッチャーを始めます。

    ・主人公のコウと,月島4姉妹のなんとも言えない絆が最高
    ・若葉と青葉との関係,青葉とコウとの関係の変化に注目
    ・あだち充の青春マンガが再発進
  • マギ

    マギ

    砂漠を旅する少年・アラジンが、とあるオアシス都市で出会った2人の女性・ライラとサアサ。2人は、野菜や果物を行商するキャラバンの仲間で、ライラにとってサアサは砂漠で行き倒れていたところを助けてくれた大事な友だちでもあった。だが、ライラは元・盗賊団の一味であり、思わぬことからそれがバレて、キャラバンから追放されてしまう。1人取り残されたライラに、アラジンは…?

    イチロウ

    サンデーの象徴的ともいえる,ファンタジーマンガの超大作です。「ダンジョン」を攻略することにより得ることができる「ジン」というなの金属器を求めて,マギとアリババが出会い,旅をします。

    もちろんシリアスなシーンもおりますが,二人のほのぼのとしたやりとりにも注目で,さらにそれぞれのキャラクターの過去や想いにも感情移入してしまいます。

    ・マギの正体と使命
  • MIXIM☆11

    MIXIM☆11

    ルックスは悪くないのに、破壊的にモテない祭壱松、参宮橋竹蔵、春野小梅。今日も玉砕した3人が校舎屋上で励ましあっていると、突然謎の美女が上空から現れた!そしてカルミナと名乗る彼女は、3人のうちの1人が、北極星の王位継承者であると語りだし…?

    イチロウ

    安西先生の絵と天真爛漫な主人公という設定が好きで,烈火の炎でハマり,この作品に行き着きました。他の人も評価でもあるかもしれませんが,やはり烈火の炎のインパクトが強く,それと比べると少しだけ見劣りしてしまうのは正直なところです。

    しかし,ストーリーや絵は流石の一言で,この作品を最後に安西先生は休養されてるようですが,いつの日が万全の状態で復活することを願っています。

    ・様々な能力者とそれぞれの想い

まとめ

「BE BLUES!」「最強!都立あおい坂高校野球部」については,田中先生が描く,サッカーマンガと野球マンガで,とにかくキャラクターが素直でキラキラしています。

さわやか系登場人物とストーリー展開で,読んでいて心が洗われながら,熱いスポーツ展開も楽しめます。

「銀の匙」は,あの「鋼の錬金術師」を描いた荒川先生の作品で,キャッチコピーは「汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!」と言われ,北海道の農業高校を舞台とした学園マンガです。

学園者なので戦闘シーンなどがあるわけではなく,ほのぼのとした農業高校の日常がメインですので,ゆるめながらも,それぞれのキャラの心情や温かさを感じたい人にもおすすめです。

「今日から俺は」は,実写化もした不良マンガですが,他雑誌の不良系作品と比べると,青春の要素が強い感じがしました。

意外と知られていない「ARMS」も非常にオススメです。そこまで巻数は多くなく22巻で完結しますが,とても内容が濃く,不思議の国のアリスをモチーフに,体の一部に特別な能力が備わりま寄生獣とその点は少し似ていますね。

「ラフ」「KATSU」「クロスゲーム」は,あだち充先生の作品で,「タッチ」「H2」以外にも,多くの名作を生み出しているなんて本当に凄いですよね。

「クロスゲーム」は野球マンがですが,「ラフ」水泳「KATSU」ボクシングなど,あだち充ワールドを野球マンガ以外で読むのも新鮮です。

サンデーのサッカーマンガの先駆けともなった「ファンタジスタ」「マギ」「結界師」もサンデーらしい作品で,心を穏やかに読める作品だと思います。

「MIXIM☆11」「烈火の炎」を描いた安西信行先生の作品で,能力系バトルマンガとしてとても読み応えのあるものになっています。

 

いかがでしょうか。

サンデー準名作といっても,とても多くのジャンルで評価されているマンガが目白押しだと思います。

全てがオススメできますのでもし読んだことがない作品があれば,お読みください!

最新情報をチェックしよう!