【2019年度版】これだけは読むべき学園青春野球マンガ【12選】

みなさん,こんにちは。

これから「〇〇系」のマンガを読みたいけど,どんなマンガがあるのだろう。

「〇〇系」のマンガはほとんど読みつくしたけど,他にも面白そうなマンガはあるのか?

そう思って様々なテーマでのランキングを知りたいと思ったことはないでしょうか。

今回は「これだけは読むべき学園青春野球マンガ」としてランキングを作成しました。

私自身も小さい頃から野球をしていましたので,野球マンガを多く読みます。

野球マンガといって多くのジャンルがあり,「スポ根系」「青春学園系」「ギャグ系」「シリアス系」と多数のジャンルに分けることができると思います。

野球マンガは他のスポーツマンガと比べると,作品数が多くその分多くのジャンルに分かれていて,それぞれがとても読み応えがあります。

今日の気分は「〇〇系」だけど,ピッタリの野球マンガはあるか!?という要望にお答えできるようなランキングを作成しました。

野球マンガと言えば,「ドカベン」「タッチ」「ダイヤのA」「メジャー」などなど有名作品は多くありますが,それ以外にも実は知られていない名作は多くあります。

ぜひこのランキングを見て興味のある作品を探してください!

学園青春野球マンガとは

スポーツマンガは,どこに作品の重きを置いているかでストーリーが大きく変わってきます。

ギャグマンガやとんでも能力系であれば,極端な話「100対0」のような絶対逆転できないような点差でも,とんでもない展開で逆転してしまったり,ありえないような魔球を投げてしまったりと,現実の世界とは違ったマンガならではの爽快感があります。

そんな中,学園青春系は,スポ根系ほど作品の全てが野球だけでなく,学園の様子も多く取り上げていて,読んでいて甘酸っぱい青春を思い出せてくれます。

一方で,野球の対決が今後の恋愛事情に絡むため,野球の描写もしっかりと描いていることが多いです。

スポ根系の王道は「巨人の星」のような,三度の飯よりも野球!というような風に想像されるかもしれません。それはそれで野球をじっくりと楽しめるし,学園青春系は,登場人物の野球に対する想いと,その恋愛事情からも目が離せなく,どれだけその人物へ感情移入できるかが,そのマンガの真価が問われるかもしれません。

これだけは読むべき学園青春野球マンガを発表

さて,今回のランキングでは,「これだけは読むべき学園青春野球マンガ」として作成をしました。

このランキングはマンガ好きの友人との議論の結果と私の主観が多く含まれているため,異論は多くあるかもしれません。

あくまで,一個人のマンガ好きの意見として参考にしてください。

それでは,どうぞ!

  • H2

    大の親友でありそしてライバルでもあるエース国見比呂とスラッガー橘英雄、比呂の幼なじみであり英雄のガールフレンドでもある雨宮ひかり、比呂が進学先の千川高校で出逢った古賀春華。名前の頭文字に「H」を持つ「2」人の野球少年であるヒーローと「2」人のヒロインを軸に話が展開する。

    イチロウ

    あだち充先生の代表作と言えば「タッチ」と答える人がほとんどかもしれませんが,野球マンガとしての完成度でいえば,僕はこの「H2」を推します。このH2の意味は「ヒーロー2人とヒロイン2人」を意味するようです。

    タッチの後に描かれた作品は,正にあだち充先生の真髄が含まれていて,「野球を通した青春」の表現がとても上手です。野球マンガとしても高い完成度で,恋愛マンガとしても主人公比呂の心情や,あえて無言で答えるシーンなどの様々な表現方法がとても魅力です。

    ・ヒーロー2人とヒロイン2人の恋愛事情が甘酸っぱい
    ・野球マンガとしても恋愛マンガとしても完成度が高い
    ・あだち充を知りたいならこのマンガを読め
    ・主役以外のキャラクター(木根・柳など)が魅力的
    ・34巻で完結するので,大人買いがしやすい。
  • メジャー

    メジャー

    父親のようなプロ野球選手になることを夢見て、日夜トレーニングに励む5歳の野球少年・吾郎!!友達の寿也君とリトルリーグに挑戦!?

    イチロウ

    熱血野球漫画といえばこの漫画を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

    サンデーといえば,タッチのようないわゆる「学園野球漫画」といった,「青春×野球」のイメージでしたが,メジャーは「ザ・野球」といった印象です。

    右肩を怪我しても,左腕で投げれば良い。という不屈の精神は,当時リアルタイムで読んでいて「自分も頑張らないと」と力が溢れました。上手くいきそうでいかないもどかしさや,困難を乗り越えるパワーを吾郎から教えてもらいました。

    数年の時を経て,吾郎の息子が主人公である「MAJOR 2nd」もスタートしました。

    ・吾郎の幼少からメジャーリーグを引退するまでの半生が描かれている
    ・熱血スポ根タイプの主人公が,更なる高みを目指して愚直に頑張り続ける
    ・どんな苦難にも真っ向から立ち向かう
    ・熱い野球マンガを見たい人におススメ
  • ROOKIES

    ROOKIES

    二子玉川学園高校にやってきた新任教師・川藤幸一!その熱血漢ぶりは、担任クラスでも好感を持って受け入れられる。やがて不良の巣窟となっていた野球部再建に着手するが、猛反発する部員から、川藤が前の学校で“暴力教師”として学校を辞めた事を暴露されてしまった…!!

    イチロウ

    「青春」「学園」系といっても「タッチ」や「H2」のような甘酸っぱい青春というよりも,ヤンキーが熱い青春不良マンガです。準主人公の安仁屋は非常に素晴らしい才能を持つものの,ニコガクが凋落する事件に遭ってしまい,不貞腐れた生活を送っていました。

    しかし,主人公の川藤教師のおかげて立ち直り,チームの中心人物となり活躍します。

    ヤンキー野球マンガとして,絶大な人気を誇り実写化も果たしました。

    不良系のマンガが苦手な人はあまりオススメしませんが,不良たちが新たな目標に向かって試行錯誤の日々を見ていると胸が熱くなっていきます。

    ・不良野球系の最高峰
    ・実写化を果たすなど野球以外の学園ストーリー構成が秀逸
    ・荒れた不良を更生される川藤の人格が魅力
    ・理不尽に耐える熱い物語
  • タッチ

    タッチ

    努力という言葉に縁のない兄・上杉達也と、何事にも一生懸命努力する弟・上杉和也。二人は、双子の兄弟。隣の喫茶店「南風」の一人娘・浅倉南とは幼なじみ。三人の「青春」から、目が離せない……!

    イチロウ

    あだち充先生の不朽の名作といえばこの「タッチ」でしょう。

    頑張り屋な和也と対照的な達也は不真面目なように見えて他人を思いやることができる非常に心の優しい少年です。

    そんな達也のことを知る幼馴染の南は実は小さい頃から皆に注目される和也ではなくて達也に惹かれていたようでした。

    タッチは野球のテーマにした青春学園マンガというイメージで野球の要素を強めたい人は,同じあだち充先生の「H2」をおすすめします。

    ・対照的な性格の双子の主人公
    ・幼馴染の南のために甲子園に
    ・和也から達也への「タッチ」の後の達也の努力
    ・青春野球マンガの不朽の名作
  • おおきく振りかぶって

    おおきく振りかぶって

    県外の高校に進学した卑屈で弱気なピッチャー・三橋廉(みはし・れん)。見学するだけと訪れたものの強引に入部させられたのは、全員1年生(くせ者揃い)に女監督(コワイ)という創設まもない野球部だった!オレらのエースは暗くて卑屈。勝つために、弱気なエースのために。行け、オレら!読むとためになり、しかも血沸き肉躍り涙する。絶対に面白い本格高校野球漫画!

    イチロウ

    主人公のメンタルが弱く内気な性格という,今までの野球マンガの主人公ではありえなかった設定で,新しいタイプの野球マンガと言われています。メンタルが弱いということで,野球の知識はもちろんメンタル的な要素が多いです。

    野球を続けるかどうかで迷いながらも野球部に足を踏み入れる三橋の様々な葛藤がありながら野球を通じて成長していく過程は見ていてとても感動します。

    ・野球をあまり知らない女性でも夢中になる
    ・絵柄が少女マンガのようなので女性人気が高い
    ・リアルな野球部事情がわかる
  • クロスゲーム

    月島若葉がこの世を去った小5の夏から4年後の秋。
    星秀学園中等部の3年生になった光は、部活にも入らず、一見ヒマそうな毎日を送っていた。一方、同じ星秀学園の野球部で主将&キャッチャーを務めているのは、昔は乱暴者の悪ガキだった同級生・赤石。そして彼のミットに速球を投げ込んでいるピッチャーはといえば、なんと星秀学園中等部2年になった月島青葉であり…

    イチロウ

    仲良しの幼馴染である若葉が冒頭で事故により亡くなってしまいます。

    主人公のコウがショックで泣いているシーンは物語が始まってすぐなのに泣きそうになりました。

    若葉に言われたことは大抵できてしまったコウが160kmの速球を投げるためにピッチャーを始めます。

    ・主人公のコウと,月島4姉妹のなんとも言えない絆が最高
    ・若葉と青葉との関係,青葉とコウとの関係の変化に注目
    ・あだち充の青春マンガが再発進
  • MIX

    MIX

    舞台は『タッチ』から約30年後の明青学園。すっかり低迷した明青学園の野球部に入部した、同い年の義兄弟である立花投馬・走一郎たちが、上杉達也らを擁して以来の甲子園出場を目指す

    イチロウ

    あの名作「タッチ」の明青高校から約30年後の橘兄弟の物語です。上杉達也率いる明青高校が甲子園で優勝したあとはすっかり低迷してしまったようで,橘兄弟がまた新たな伝説を作ってくれるのでしょうか。

    現在も連載中で,懐かしのライバルの西村が監督となり,その息子がライバルとして登場するなど,あの頃のタッチを思い出してもくれます。当時の上杉兄弟の最大のライバルだった須見工業の名称が変わっていたりと時の流れも感じさせます。

    ・タッチファンにはたまらない明青高校が再び
    ・上杉兄弟にも劣らない立花兄弟の奮闘
    ・前作の登場人物や思い出として語られる
  • 最強!都立あおい坂高校野球部

    最強!都立あおい坂高校野球部

    都立高校教師・菅原鈴緒は、専用グラウンドもない野球部で甲子園を目指す女性監督。だが、その熱血指導が災いして、春休み中の練習試合当日、全10人の部員中6人が退部届を残して逃げ出してしまった。力を落とした鈴緒が対戦相手に謝ろうとしたとき、さっそうと5人の選手が彼女のもとへ走ってくる。それは6年前の夏、甲子園予選敗退に涙する高校3年生の鈴緒に、「甲子園へ連れてってやるよ」と誓った少年たちだった…!!

    イチロウ

    「鈴ねぇを甲子園に連れて行く」という合言葉に少年野球で活躍した主人公たちが中学でも大活躍をし,弱小高校にこぞって入学します。

    田中モトユキ先生は,今大人気のサッカーマンガ「BE BLUES」の作者で,このあおい坂で人気となりました。

    田中先生の作風でもある,少年たちの熱い闘いがこの作品でもとっても魅力的に描かれています。

    ・同じ目的をもった主人公たちの熱い結束
    ・珍しい左のアンダースローを武器に打者をキリキリ舞い
    ・有名校への推薦を蹴ってまで入学した曲者揃いのチームメイト
  • Mr.FULLSWING

    Mr.FULLSWING

    猿野天国は十二支高校1年B組15歳、彼女いない歴15年、無茶を繰り返すパワフルバカ。入学早々、野球部のマネージャー鳥居凪に一目ぼれし、全く野球経験がないのに野球部に入部…しようとするが、なんと今年から入部試験が導入された!?

    イチロウ

    野球ギャクマンガの決定版!とにかく主人公の天国と沢松がギャクをひたすら繰り返しています。

    そんな天国も野球に出会い(その野球を始めた理由も不純でしたが)少しずつ成長をしていきます。

    中盤から終盤にかけて本格的な野球マンガになっていきます。

    割ととんでも能力が発揮されるのでそういうのも含めて笑って,時に感動して読み進めることができます。

    ・野球ギャクマンガの名作
    ・天国と十二支ナインの成長
    ・天国がスポーツ男子が嫌いな理由が伏線に
    ・敵キャラそれぞれが個性的
  • 新約「巨人の星」

    新約「巨人の星」

    リトルリーグで天才投手と呼ばれながら、右肩を故障し野球から遠ざかっていた花形満‥‥。肩は完治して再び野球ができるはずだった。だが不良の溜まり場となっていた野球部との勝負中、肩に激痛が走る! 壊れたままの肩を抱え、花形は嗚咽を漏らす。まだ、僕は野球がしたい‥‥。必死に伸ばした手が握りしめたのは打者という希望だった!!

    イチロウ

    あの有名な巨人の星を飛雄馬のライバルである花形を主人公としてリニューアルした作品です。

    序盤や設定にオリジナルな部分が多く含まれているため,巨人の星を知らない人もとても楽しめます。逆に巨人の星を知っている人はそっちに引っ張られてしまうかもしれないので,知らない方が良いかも。

    また舞台も現代風になっていて,内容もスポ根というより学園系の作品と言えます。

    ・あの名作が花形目線となり復活
    ・花形の知られざる過去が明らかに!?
    ・現代風にアレンジされているので,巨人の星を知らない人も楽しめる
    ・飛雄馬と花形の対決は必見
  • ナイン

    主人公の新見克也は中学陸上短距離の日本記録保持者だが入学予定の高校である青秀高校の野球部の試合を見学した際、ヒロインである中尾百合を見つける。その試合で清秀高校はコールド負けをするが、それを見ていた百合は涙を流す。それを見ていた新見は百合の笑顔を見るべく、野球部に入部することとなる。

    イチロウ

    それまでほとんど原作付きで描いていたあだち充先生がオリジナルで描き始めた最初の野球マンガです。

    この頃からタッチのような恋愛・青春模様を表現するのがとても上手く,甘酸っぱい野球マンガの前身とも言えます。

    全5巻と短いですが,その分ストーリーが濃縮されていて,短いけどしっかりとした作品を求めている人にはオススメです!

    ・あだち充先生の最初オリジナル野球マンガ
    ・主人公の克也の凄まじい走力
    ・青春野球マンガの金字塔
  • ジャストミート

    ジャストミート

    ヒーローになることに異常な執念を燃やす星高ナイン。なかでも、橘二三矢と坂本天馬の2人は超一流といっていいほどの目立ちたがり屋。とにかく、チームプレーは無視するし、味方の足は引っぱるで、もう試合のときはタイヘン。そんな彼らが甲子園をめざすことに…!?

    イチロウ

    とにかく目立つことが大好きな主人公の二三矢と天馬ですが,元プロ野球選手の監督にうまくのせられ,誰にも打たれないフォークや足を生かした最高のセーフティバントという武器を手に入れます。

    連載当初はギャグとかいかないものの,コメディマンガという印象ですが,中盤から終盤にかけて熱い青春マンガに変化していきます。

    原先生の野球マンガは割とシリアスなちょっと大人向けな作品が人気ですが,この作品は割と少年向けの明るいマンガですので,楽しく読むことができますよ。

    ・星高野球部の目立ちたがりな練習やプレー
    ・終盤の青春要素たっぷりの展開
    ・星先生の初期の野球マンガで少年向け

まとめ

いかがでしょうか。

 

やはり,学園青春系といえば,あだち充先生の作品が多くランクインしました。

個人的には「タッチ」よりも「H2」の方が野球の描写と,主人公枠の4人の恋愛模様が好きなのでトップにしました。

他にも「クロスゲーム」,「ナイン」,タッチの明青高校の続きを描いた「MIX」など,あだち充ワールドがさく裂しています。

他にも,「おおきくふりかぶって」や「最強!都立あおい坂高校野球部」などマンガ好きにはメジャーな作品ですが,意外と知らない人もいそうなマンガがランクインしています。「最強!都立あおい坂高校野球部」は,サッカーマンガで有名な「BE BLUES!~青になれ~」の作者が描かれた作品で,熱い対決のシーンやそれぞれの想いの描写がとても細かく描かれています。

「ミスターフルスイング」については,かなりギャグ要素が強いため,このランキングの中では少し毛色が異なりますが,高校野球を舞台にした楽しい作品です。終盤はとんでも能力が発揮されるものの,ギャグ要素が薄まり,真剣な野球対決も見物です。

ぜひ,お気に入りの作品を探してください!

最新情報をチェックしよう!