【2019年度版】マンガupで読めるおすすめ作品を紹介【15選】

漫画を多く読んでいると,もう面白そうな漫画はほとんど読んだ。

今までにない新たなジャンルにチャレンジしてみたい。

そんな境地に至ることがあります。

私もメジャーどころの作品をほとんど読み終え,何か面白い漫画はないか。(できれば無料で)

と探していたところ,漫画アプリのクオリティの高さに驚きました。

今回はその中の【マンガup】という漫画アプリの作品を紹介します。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

マンガupはメジャーな連載雑誌の作品も取り扱っており,時間をかければ全て無料で読むことができます。

また,今回紹介する作品のように,メジャー連載雑誌にはないマンガ作品も多く取り扱っていますので,ぜひご覧ください。

今回紹介するマンガのジャンルとは?

今回紹介するジャンルはいわゆる「なろう系」と呼ばれるジャンルです。

「小説家になろう」という小説投稿サイトにて掲載された小説を元にコミック化した作品です。

今までこの手のジャンルをあまり読むことはなかったのですが,怖いもの見たさで読んでみたところ何故かハマってしまいました。

絵やストーリー展開には少し疑問があることはありますが,その設定や,厨二心をくすぐるような物語は,これまで読んできたマンガとは少し変わった爽快感があります。

なろう系とはどんな特徴が?

なろう系と呼ばれる「小説家になろう」に投稿される作品は,初心者が投稿することが多いことから,模倣や似た展開になることが多いです。

それはその時の流行りに集中する傾向があります。

これらの流行りを特定のジャンルと称して,以下のようなものがあります。

・初めから作品中最強の力を持っており,チート級の力で無双していく。(チート系)

・主人公が異世界へ転生する。(転生系)

・ご都合的にヒロイン候補を助けてハーレムを形成する。(ハーレム系)

・ゲームの世界観を採用しているため,ステータスガイドやレベルがわかってしまう。

・作品から内容がわかってしまうことが多い。

これらの要素を持つ作品を総じて「なろう系」と呼ぶことがありますが,少しネガティブな印象として受け取られることが多いようです。

しかし,このページでは,「なろう系」をボジティブに捉え,特にこの「なろう系」でも特に面白い作品をランキングにしてみました。

無料で読めることが多いため,まずはどんなものなんだろうと,一度見てみましょう。

私のように何故かどんどんページをめくって,ゆくゆくは次はどんな面白い「なろう系」作品に出会えるかと楽しみになってしまうかもしれません。

マンガupのおすすめ作品15選

それでは,いよいよランキング形式で紹介していきます。

特に上位にある作品は非常にストーリー面白いため,ぜひ一度は読んでみてはいかがでしょうか。

ただし,まだ全て連載中の作品であるため,今後展開により作品の評価は変わって来る可能性は多いにありえます。

  • 失格紋の最強賢者
    5

    失格紋

    とある世界に魔法戦闘を極め,『賢者』とまで呼ばれた者がいた。
    彼は最強の戦術を求め,世界に存在するあらゆる魔法,戦術を研究し尽くした。 
    そうして導き出された結論は,『自分の体は魔法戦闘に向かない』という,あまりにも残酷なもの。 
    それでも彼は諦めなかった。 
    彼は自らの魂を魔術に封じ,遙か未来に生まれ変わる。 
    そこで彼が見たものは変わり果てた世界と,信じられないまでに低レベルな魔法理論だった。

    ストーリー 4.5
    4.0
    人気度 5.0
    期待度 4.5
    総合 5.0

    転生系マンガの王道中の王道マンガです。

    ストーリー構成もしっかりしているので,転生系・俺TUEEEE系に興味がある人はまずはこの作品を読んでみましょう。

    俺TUEEEE系特有の周りの常識に気づかない主人公という感はありますが,その割に不快感もなく,サクサクと読み進めることができます。

    ストーリー画力共に一級品の作品です。

  • 魔王学院の不適合者
    5

    魔王学院の不適合者

    人も,精霊も,神々すら滅ぼして,魔王と恐れられた男がいた。 不可能を知らぬ魔王アノスは荒んだ世界に飽き,転生の魔法を使った。 二千年後。目覚めた彼を待っていたのは,魔王を育てるデルゾゲード魔王学院である。そこでアノスが目にしたのは,平和に慣れ,弱くなりすぎた子孫たち。そして驚くほど低次元な魔法術式だった。 その上,正真正銘,魔王の始祖である彼が,なぜか不適合者の烙印を押されることになってしまい……!?

    ストーリー 4.0
    5.0
    人気度 4.5
    期待度 4.5
    総合 5.0

    異世界俺TUEEEE系の最高峰のマンガです。

    特に抜群に絵が上手く,強いのに鈍感だったり強いのを「やれやれ」と本気を出さない主人公ではなく,まさに圧倒的な実力で相手をねじ伏せていきます。

    圧倒的な力があるゆえに話の引き伸ばしもあまりなく,サクサクと話が進みます。

    そして,ヒロインであるミーシャとサーシャという姉妹も対照的な性格をしながらも主人公アノスの良き理解者として非常に魅力的なキャラクターとなっています。

  • 転生賢者の異世界ライフ
    4.5

    転生賢者

    ブラック企業に酷使された男が転生したのは,ステータスやスキルのある世界。その世界で彼は,冒険者になることさえ難しい不遇職『テイマー』になってしまう。――しかし彼は、ひょんなことから2つめの職業『賢者』を手に入れる。『賢者』の力は,圧倒的なものだった。だが異世界に来たばかりの彼は,自分の力がどれほどのものか自覚していなかった。こうして彼は,自分の力を自覚しないままギルドに行って冒険者となり,各地で騒ぎを起こしながらも成り上がっていく。

    ストーリー 4.5
    4.0
    人気度 4.5
    期待度 4.5
    総合 4.5

    異世界転生系の王道マンガです。

    本人の自覚なしに誰よりも強い能力を得てしまったため,周りの常識が通用しないまま苦難を乗り越えていきます。

    個人的にはスライム達がとても可愛く活躍する場面がとても好きです。

    今後も多くの問題が発生しそうですが,主人公は苦労することなく無自覚に乗り換えていきそうです。

    世界観としては,緊張感があるわけではなく,のほほんと最強能力を駆使する主人公を見るマンガです。

    異世界転生ものに興味がある人はぜひご覧ください。

  • 異世界帰りの勇者が現代最強
    4.5

    世界でただ一人

    異世界に転移して勇者になった森下大樹は魔王を打倒して日本に戻ってきた。 しかし,実は日本の闇社会では学園異能バトルっぽい世界が広がっていたのだ。 これは現代日本でステータスやスキルを使い,異世界帰りの勇者が無双したりクラスメイトの異能者にパワーレベリングを施したりする物語である。

    ストーリー 4.5
    4.5
    人気度 3.5
    期待度 4.5
    総合 4.5

    よくある平凡な学園生活から異世界に転生し,そこから最強を目指す。

    という展開ではなく,すでにその工程を終え,最強になった勇者が現代に戻ってくるところから物語が始まります。

    ステータスという異世界特有の設定もそのまま残り,チート能力のまま学園生活を送ります。

    学園生活はのんびり過ごせるかと思いきや,実裏社会も大変なことになっていて,学校一のマドンナと仲良くなれたもののそのヒロインの素顔は…

    舞台を現代に移したことはこれまでのマンガとは異なり設定が面白いなと思いました。

    また,キャラの絵も上手で今後の展開に期待しています。

  • 俺の恋愛は恋愛ゲーム?かと思ったら命がけのゲームだった
    4.5

    俺の恋愛は

    平凡なニート長谷川亮は目を覚ましたら,現実そっくりな恋愛ゲームの世界にいた。
    ゲームの世界から脱出するには,女たちを攻略するしかない。
    与えられた能力「セーブ&ロード」と「アイテム」を駆使し,攻略に乗り出す長谷川。
    だが,長谷川が巻き込まれたのは,危ない女たちを命がけで攻略するゲームだった!

    ストーリー 5.0
    4.0
    人気度 4.0
    期待度 4.0
    総合 4.5

    異世界系のような不思議な現実空間に迷い込んだ主人公の亮がゲームのRPGをクリアするかのように行動,選択していく物語です。

    一見,恋愛ゲームのような印象ですが,選択肢を間違えると死の危険性もある危険なゲームであることがわかります。

    ただの恋愛ゲームかと思ったら,推理ゲームのように事前に確認しないと現れてない選択肢があったり,アイテムを効率よく使わないと進めない場面に遭遇したりと,今までありそうでなかった設定がとても面白いと思います。

    女性キャラもそれぞれのキャラが際立っていて,お気に入りの女性を見つけることができるかもしれません。

  • 世界でただ1人の魔物使い 転職したら魔王に間違えられました
    4

    世界でただ一人

    長年,「転職の書」を探し求めていた『勇者』ノア・ホワイトフィールド。 勇者なんてやめたいという一心でようやく見つけだした「転職の書」より与えられたのは,全く聞き覚えのない職業だった。 ――お前は,『魔物使い』だ。

    ストーリー 4.0
    4.0
    人気度 4.0
    期待度 3.5
    総合 4.0

    転生した勇者が魔物使いになって多くの魔物を従える。

    という展開は良いのですが,今まで勇者として貢献してきた人物が魔物使いになった途端に,魔王に間違えられるのか。

    という点については若干疑問が残ります。

    ただ,絵やストーリーは丁寧に構成されており,仲間になる魔物にも愛着が湧いてきます。

  • ここは俺に任せて先にいけといってから10年がたったら伝説になっていた
    3.5

    ここは俺に任せて先に行け

    最強魔導士ラックたちのパーティーは魔神王を倒すため,激しい戦いを繰り広げていた。
    激しい追撃の中、ラックは仲間に叫んだ。
    「ここは俺に任せて先に行け!」
    全滅の危機を避けるため,ラックは1人敵と戦い続ける決意をする。
    そうして,ひたすら戦い続け,ついには魔神王をも倒したラック。
    しかし,街に帰る彼を待っていたのは「10年」という歳月が過ぎた世界だった――…

    ストーリー 4.0
    4.0
    人気度 4.0
    期待度 4.5
    総合 4.0

    まだコミック版が出始めたばかりなので,現在の評価が今後変わる可能性はありますが,絵も綺麗で設定もわかりやすい。

    ゲームのラスボスクリア後の平和になった世界を眺めているような状態ですが,この後も様々なトラブルや展開が発生しそうな予感です。

    最強設定のキャラは負ける展開がないため,どのようにして面白く勝つか。という点で今後のストーリー展開が楽しみです。

  • 冒険者ライセンスを剥奪されたおっさんだけど、愛娘ができたのでのんびり人生を謳歌する
    4.0

    冒険者ライセンスを剥奪

    かつては最強の魔術師として伝説になっていたダグラス。 しかしおっさんと言われる年になったいま、体は衰えボロボロに。 ワンパン喰らっただけで致命傷を負うような状況に陥った結果、ついにギルドから冒険者ライセンスを剥奪されてしまう。 ――流れ者になったダグラスは、旅の途中で呪われた少女と出会い、彼女を救い出す。 少女を助け出す過程で最強の力を再び取り戻したダグラス。 ダグラスの元へは国王や騎士団、ギルドから応援要請が大量に押し寄せるが……。

    ストーリー 4.0
    4.0
    人気度 3.5
    期待度 3.5
    総合 4.0

    ほんわけ系なろう作品です。

    主人公のダグラスは呪いによって,今までの最強の力が衰え冒険者ライセンスを剥奪される寸前になりますが,それを克服したあとは,最強の力を発揮していきます。

    主人公の能力が過大すぎると,大味な物語になりがちですが,ダグラスの優しい性格から困っている人のためにその力を使います。

    このような性格なため,読んでいてほんわかする話が多く,心を落ち着かせて読むことができます。

  • 最強の魔導士、ひざに矢をうけて
    4.0

    最強の魔導士

    最強の魔導士アルフレッドは勇者とともに魔王を討伐したが、呪いの矢を膝に受けてしまった。
    膝を痛めたとはいえ、アルフレッドが最強の魔導士なのは変わりない。
    「新設される騎士団の団長になってほしい」「ギルド長になってくれないか」「北の山にドラゴンが出たから討伐してほしい」
    静養したいアルフレッドを周囲は放っておいてくれない。
    そこでアルフレッドは、誰も自分を知らない片田舎で静養することを決意する。

    ストーリー 3.5
    4.0
    人気度 3.5
    期待度 4.0
    総合 4.0

    膝に魔王の呪いについて矢を受けてしまったため,前線で戦えなくなってしまった主人公のアルフレッド。

    なろう系でも流行ったスローライフ系の物語で落ち着いた気持ちで読むことができます。

    絵も話も良いのですが,個人的にはスローライフ系は目的のようなが明確でないため少々間延びしたイメージを受けてしまいます。

    今後の展開によっては,これから化ける可能性は多いにあります。

  • 万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで伝説の剣を引っこ抜く
    3.5

    万年Dランク

    万年Dランクのしがない中年冒険者ルーカスは、自分よりずっと若いパーティメンバーたちに見下され、扱き使われる毎日を送っていた。 だが「飲まずにやってられっか!」と飲んだくれたある夜のこと、酔った勢いで今まで誰も抜くことができなかった伝説の剣を引き抜いてしまう。 愛と勝利の女神が造ったという神剣の力で、おっさんは(望まぬ)ハーレムを作りながら(望まぬ)英雄の道を駆け上がっていく…!

    ストーリー 4.0
    3.5
    人気度 3.5
    期待度 3.5
    総合 3.5

    これぞ,なろう系とも言える作品です。

    人間の欲望を忠実に再現したという感じで,ある日突然特別な存在になりたい。

    多くの女性から脚光を浴びたい。

    といった欲望が主人公のルーカスが代わって体験をしてくれます。

  • 装備枠ゼロの最強剣士(小説版のみ)
    3.5

    装備枠ゼロ

    装備によって人生が決まる世界。そんな世界に“呪いの装備”というものが存在していた。 触れただけで強制装備され,一生外すことができない武具のことだ。普通の人には1枠しかない装備枠を食い潰すうえに,装備したときの代償が大きすぎることもあり,呪いの装備は忌み嫌われていた。そんな世界で暮らしている少年・ノロアは,装備枠が9999ある代わりに呪いの装備しかつけられず,周囲から疎まれ,蔑まれていた。しかし,呪いの装備は代償がある代わりに強力なものばかり。9999個の呪いの装備をつけられるノロアは,どんどん強くなっていく。その力はすぐに勇者や魔王をも超え,あっと言う間に世界最強に……。

    ストーリー 3.5
    4.0
    人気度 3.0
    期待度 3.5
    総合 3.5

    装備によって能力が変わるという設定はなかなか斬新ですが,(補助的なものではなく装備が全て)ダンジョン攻略をしたら貰える報酬が呪いの装備というのは,少しが無理があるように感じました。

    主人公のノロアにとっては,装備できるものが呪いの装備のみということで都合が良いですが,普通の冒険者は装備できない呪いの装備をクリア報酬にしてしまったら,なんのためにダンジョンに潜ったのか。。

  • 最強勇者はお払い箱 魔王になったらずっと俺の無双ターン
    3.0

    最強勇者はお払い箱

    至高の恩恵(ギフト)を授かり,勇者となった男がいた。彼は魔王を倒し,人の世に平穏をもたらした最大の貢献者――のはずだった。しかし彼は手柄を王子に横取りされ,お払い箱となる。それでも男はめげることなく,敵対していたはずの亜人たちに受け入れられ,彼らの集落でスローライフを始めた。が,そこに『魔』ならぬ『人』の手が迫ってきて――。  ぶちキレた男は真なる〝魔王〟となって,不遜極まる人々を蹂躙する!

    ストーリー 3.5
    3.0
    人気度 3.5
    期待度 3.0
    総合 3.0

    主人公といえば,格好良い容姿が定番ですが心がイケメンの主人公が醜い人類に敵対します。

    アイテムマスターという勇者としては少し地味な印象を受けますが,その能力を遺憾無く発揮していて,見ていてスカッとします。

    もう少し絵が綺麗だとよかったかなと思います。

  • 漆黒使いの最強勇者(小説版のみ)
    3.0

    漆黒使い

    歴代最強と名高い【闇の勇者】シオン。彼には信じるものが一つあり,それは今のパーティメンバーだった。 「この最高のパーティで魔王を倒す!」そう固く誓ったシオンだが,その矢先に悲劇が起きる。なんと信じていた彼女達から酷い裏切りにあってしまったのだ。辛うじて一命をとりとめるも,シオンは心に深刻なダメージを受ける。 生きることを諦め,死のうと森を彷徨う彼の前に一体の魔物が現れた。 「私を殺してくださいませんか?」力を失っても強いシオンに,魔物は自分を殺してくれと頼む。 しかし自分もまた死にたかったシオンの取った行動は・・・

    ストーリー 3.5
    3.5
    人気度 3.0
    期待度 3.0
    総合 3.0

    まずいろんな勇者がいます。そのため勇者の有り難みはそこまでないです。

    序盤にこれだけの裏切りをされながらも,良い人であり続けるシオンはすごいと思いますが,お人好しすぎると感じる部分も。

    まだマンガupのみの連載で,単行本は出ていないので,今後スカッとする展開を期待します。

  • 最強タンクの迷宮攻略(小説版のみ)
    3.0

    最強タンク

    歴代最高と呼ばれる体力を持つタンクのルード。だが,人よりもダメージを食らってしまう最低のスキルを持っていると勇者に決めつけられ,パーティーを追放されてしまう。仕方なく辺境の町へと戻ったルードのもとに,彼を信頼していた聖女がやってくる。彼女と一緒に暮らし始めたルードだったが,様々な問題が発生し,それを解決していったルードは,次第に有名になっていく。 一方勇者は,ルードを追放してからの迷宮攻略に失敗する。ルードの持つスキルは,『仲間のダメージを肩代わりする』というものだった。ルードは今まで勇者が食らっていたダメージを引き受けていたのだ。

    ストーリー 2.5
    3.5
    人気度 3.0
    期待度 2.5
    総合 3.0

    主人公ルードに嫌悪感はありませんが,この手の物語の勇者の性格があまりにもひどいので見ていられない感じがします。

    主人公との対比のためにしょうがないのかもしれませんが・・・

    また,体力が9999もあれば,スキルがしょぼいと思っても他にも有効活用ができそうなもので,それを無能扱いしてしまうのも少々が無理があるような気もします。

    まだ,単行本の販売はないため,今後の展開次第ではもっと良い作品になると思います。

  • 冒険についてこないで、お母さん
    2.5

    冒険についてこないで

    冒険についてこないで、お母さん

    ストーリー 2.5
    4.0
    人気度 3.0
    期待度 2.5
    総合 2.5

    異世界転生系の作品が多く流行りが移った時期に現れたのが,この「強いお母さんに溺愛されるファンタジー」系です。

    正直どの層に人気があるのかあまりよくわかりません。

    それなら,設定が凝った・斬新な異世界転生系を読みたいと個人的には思います。

    とにかくお母さんが強すぎるため,ダンジョンに入ったら全てお母さんが殲滅してくれたり,ちょっとした怪我をしても最強の回復呪文によって周りまで全回復してしまう破茶滅茶ぶり。

    俺TUEEEE系に似た安心と爽快感はあって面白く読むことができるとも言えるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

全ての作品を読むことはなかなか難しいので,今回ランキングで紹介したトップ5ぐらいの作品はぜひ一度読んでほしいと思います。

なろう系作品に興味を持ったら,その下にある作品も面白いので,ぜひ読んでみましょう。

素敵なマンガ生活になることを願っています。

最新情報をチェックしよう!