花を贈るのはこんなとき〜贈り方の注意点〜

結婚や出産,お見舞いの際にプレゼントを贈ることがあると思います。その中でもプレゼントとして花を贈るという選択肢を選ぶ人は多いのでしょうか。

ただ,花を贈ろうと思ったときに,意外とマナーがわからないと思う人が多いのではないでしょうか。

花には花言葉があることはご存知の方が多いと思いますが,全ての花言葉まではわからない人がほとんどだと思います。

そこでシチュエーションごとのお祝いに相応しくない花を贈ってしまってはせっかくのプレゼントが台無しになってしまいます。

このページでは花を贈るタイミングや注意点を紹介します。

お祝いごとで花を贈るとき

お祝いごとで花を贈る際は,気持ち良く贈りたいですね。

各お祝いごとの相場やタイミングを紹介していきます。

結婚祝いで花を贈るとき

社会人になって数年すると,少しずつ周りの友人や同僚,上司から結婚の報告を受けることがあるかと思います。

親戚の結婚式や,結婚式に招待されたけど,都合により参加ができない場合,結婚式には招待されていなくても普段から親交があり,お祝いをしてあげたい!と思うことがあると思います。

この場合の相場は5,000円から1万円とされていますが,どのタイミングでお花を贈るかは少し悩むかもしれません。

結婚祝いでお花を贈る場合は,結婚披露宴の会場に贈ることが一般的です。

ただし,万が一結婚披露宴翌日に新婚旅行にいくために荷物になってしまうこともあります。(その場合でも郵送等で荷物を纏めて贈ると思いますが。)

こういったことがあるために,念の為,事前に新郎新婦に確認をしておくことを勧めます。

その際には,

①相手方の名前,②結婚披露宴会場,時間も確認しておきましょう。

お花の選び方については,結婚披露宴に相応しい華やかな色が一般的です。

もし,可能であれば事前に花嫁の衣装のイメージやす好きな色が確認できればなお良いでしょう。

その際に絶対に避けなければならない花があります。

クリスマスローズは,「中傷」「スキャンダル」黄色いバラは,「嫉妬」「ねたみ」,赤いバラは「愛情」を表しているため,絶対に避けましょう。

また,あじさいは「移り気」や「浮気」という意味がありますので,これも絶対に避けましょう。

もし,贈ってはいけないものがわからないという不安がある場合は,お花屋の店員さんに聞いてみましょう。

予算と用途(結婚祝い),イメージする色を伝えれば,コーディネートしてくるお店がほとんどです。

出産祝いで花を贈るとき

出産祝いで花を贈る場合は,赤ちゃんの誕生を祝いということと,頑張ったお母さんの労いという意味があります。

相場は3,000円から8,000円程度で良いかと思います。

生後すぐですと,赤ちゃんがまだ生まれて家庭がバタバタしているのと,お母さんの体力がまだ回復しているので,1週間以上は空けてお祝いをしてあげましょう。

また,直接渡したいということもあるので,都合がつくタイミングまで待つということもありです。

事前に赤ちゃんの名前と性別を確認しておきましょう。

また,あんまり花粉が多い花や香りが強すぎる花は,赤ちゃんの負担にもなりますので,避けるようにしましょう。

結婚記念日で花を贈るとき

結婚祝いや出産祝いは,他人の出来事をお祝いしますが,結婚記念日は自分達のお祝いになりますので,そこまで厳密なルールは考えなくても良いかもしれません。

相場は2,000円〜1万円程度で良いと思います。

結婚記念日は夫婦によって大切に扱うかどうかは異なりますので,とても大切にする夫婦であれば,5年,10年の記念日は奮発するなど工夫があっても良いですね。

花言葉は「愛」を意味する花を選ぶのが一般的です。バラは定番ですので,もし迷ったらバラを選ぶのがベターです。

他にも,カーネーションやガーベラも選ばれます。

困ったら胡蝶蘭!胡蝶蘭が選ばれる理由とは

花を贈るときに迷ったら胡蝶蘭を選びましょう。

胡蝶蘭には色ごとに花言葉がありますが,共通の花言葉として,「幸福が飛んでくる」というものがあります。

また,花粉や香りも少なく,花持ちがよく,ビジネスシーンでも重宝される存在です。

開業祝い・開店祝い・開院祝いなどのお客さんが来る場合にも適していますし,上司や取引先の方への,昇進,就任祝いにも適しています。

新築祝いでは,物を贈ることが多いですが,好みがわからない場合や,お花が好きな方へは胡蝶蘭を贈ることもオススメです。

お悔やみごとで花を贈るとき

お花を贈る場面は,お祝いごとだけではないですよね。

知り合いの方が亡くなったときに,お悔やみやお供えの場面でお花を贈る場合があります。お祝いごとよりも失礼がないようにしなければなりますので,一般的な常識を確認しておきましょう。

お通夜や告別式で花を贈るとき

弔事でお花を贈る際には,その故人の宗教や地域によって異なります。親族のみで行う場合にご遺族が辞退されることや,葬儀場のルールで受け取ってもらえないこともあります。贈った後で,ご遺族に迷惑をかけないように事前に確認をしましょう。

この場合は,花は白で統一するのが一般的です。

花言葉はどんなものがあるのか

花が好きな人はある程度の花言葉を知っているかもしれませんが,花言葉自体ほとんど知らないという人もいると思います。

いくつか有名な花言葉を紹介していきます。

バラ=愛

スイートピー=門出

ユリ=純潔

サルビア=家族愛,良い家庭

胡蝶蘭=幸福が飛んでくる

カスミソウ=清らかな心,幸福

まとめ

いかがでしたでしょうか。

花を贈るときのマナーは少し複雑で,相手によっても異なります。

どのような場合に,どのような花を贈るのかを考えて,相手の状況に応じて柔軟に対応をするようにしましょう。

素敵なお花をもらうととても幸せな気持ちなると思います。

ぜひ,花を渡す機会がある際には参考にしてください。

最新情報をチェックしよう!