結婚式のご祝儀は?〜披露宴に招待されたら考えること〜

結婚式のご祝儀とは

結婚披露宴に招待された場合,結婚のお祝いとしてご祝儀を渡すことがほとんどです。 このページでは,ご祝儀の相場やご祝儀袋の渡し方も含めて紹介します。 また,最近の結婚披露宴の傾向として,会費制で実施することも増えているようですので,こちらについても併せて紹介をしていきます。

ご祝儀の相場と金額の常識

ご祝儀の相場については,結婚をする相手との関係性によって変動します。 同僚や友人,上司の結婚式では,大抵の場合「3万円」が一般的のようです。 また,兄弟姉妹や親族の結婚式となると,「5万円~10万円」ということもあります。

ご祝儀が偶数になる場合の包み方

一般的な相場が「3万円」であっても事情により「2万円」を包みたいという方もいるかと思います。結婚式では,割り切れる数字である「偶数」は避ける傾向にあります。「2万円」を包む場合,「1万円札」を「2枚」ではなく,「1万円札1枚と5千円札2枚」とすれば,「3枚」のお札となります。 このようにして,「2万円」を包む場合には工夫をしてあげると良いでしょう。

ご祝儀袋へのお金の入れ方

ご祝儀としてご祝儀袋にいれるお金は,新札を用意するのが一般的です。もしも,時間がなく新札が用意できなかった場合は,なるべく綺麗なお札を探して,シワが目立たないように伸びしてあげましょう。 ご祝儀袋にいれるお札は表向きにしましょう。 また,ご祝儀袋は,袱紗(ふくさ)という布に包んで持っていくのがマナーとされています。 袱紗で包むのは理由があり, ①ご祝儀袋が折れたり,汚れるのを防ぐため ②ご祝儀を受け取る相手のことを考え,礼儀を尽くしたと示す というような理由があると言われています。

ご祝儀制と会費制の違い

今までの日本の結婚披露宴については,ご祝儀制が多く採用されていました。会費制で行う結婚披露宴は,北海道などの地域で慣習とされていました。 しかし,近年の傾向として, 「気兼ねなく参加してもらいたい。」 「仕事関係でなく,友人のみの仲の良い人達にお祝いしてもらいたい」 等の理由により,1,5次会と呼ばれる披露宴と2次会の両方の利点をもつ披露宴が増えています。 実際に新郎新婦の方が,どちらのスタンスで披露宴を開催するかはそれぞれの特徴を確認したうえで決定をしましょう。

ご祝儀の特徴

ゲストが会費制よりも高い金額を支払うため,引菓子や引き出物を準備することが多い。 また,料理やドリンクサービスについても相応のランクにする。 ご祝儀制は,今までの慣習として,結婚というとてもおめでたい出来事を普段お世話になっている方と一緒に祝うためのもので,主催者側が負担のもと「ぜひお越しください」ということでお招きします。招かれたゲスト側は,主催者の顔を立てるためにそれ相応の「お祝い」としてご祝儀を渡します。 そのため,ご祝儀の相場は「3万円」と記載しましたが,実は明確な基準はありません。あくまで気持ちの問題ですので,これよりも少ない金額でも本来は問題ありません。

会費制の特徴

会費制はご祝儀制とは異なり,従来のご祝儀制とは異なり,実際にかかるゲスト食事・飲食代を会費として事前に指定し,その金額で開催をします。 ご祝儀制のような暗黙のルールがない分,カジュアルで現代的ということでこちらを選ぶ人が増えているようです。この場合の相場は,1,5万円前後のようです。 会費制の大きな特徴は,仲の良い友人を招待したパーティのような性質が強い傾向があります。会費制の場合は,金額を指定して集金をするため,特にご祝儀袋にはいれずその場で金額がわかるように手渡しすることが一般的です。 また,会費制の場合は,引菓子や引き出物は省略されることが多いです。

会費制が増えている理由

近頃会費制が増えている最大の理由として,ご祝儀の額で招待客に負担をあまりさせたくない。 ということが挙げられます。

また,今までは結婚=披露宴ということで,何百万円をかけて結婚披露宴を行っていましたが,今は親族だけで簡易的な結婚式を行ったり,新婚旅行を兼ねて海外で2人だけで結婚写真をとったりと,結婚披露宴に対する捉え方が変化しています。 そうした中で,結婚式についてももっと手軽なものとして,気軽に参加してもらえる会費制が増えているようです。ご祝儀制で開催される結婚披露宴が多くを占めますが,今後もこの会費制が増加していくかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 ご祝儀の相場についても,関係性によって異なること。 ご祝儀袋にいれるお金は新札を使用すること等,知らずに少しだけ恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。 結婚披露宴に呼ばれたら,今一度ご祝儀の一般常識を確認しましょう。

最新情報をチェックしよう!