結婚祝いとは〜一般的な常識のホント〜

結婚祝いとは

結婚祝いとは,これから結婚する2人を祝福して贈る贈り物です。

新生活に向けた日用品であったり,2人の記念となるもの,普段はなかなか買わないような贈り物を選びます。

結婚祝いの相場とは

では,実際に結婚祝いはどれくらいの値段のものを選べば良いのでしょうか。

もちろん高いに越したことはないですが,相手側もあまりにも高級なものをもらってしまっては恐縮したり,お返しの品を考えなければならなくなったりということが懸念されますので,一般的な相場を紹介します。

結婚祝いの相場は関係によって変わる

結婚祝いとは,新郎新婦の門出を祝福し,お祝いの気持ちを込めて贈る贈り物です。

友人や同僚,上司が結婚したと聞いたとき,とても嬉しい気持ちになる一方で,結婚祝いはどうしよう!?と悩まれる方も多いと思います。

幸せいっぱいの新郎新婦に贈るものだからこそ,失敗はできない!と思うのではないでしょうか。

私もその一人で,いくつかのサイトを見て勉強しました。

しかし,そこで書かれているのは,いわゆる関連する業界の方が紹介しているもので,金額の相場がかなり盛られて紹介されているものが多くあると感じました。(プレゼントは非常に魅力的でしたが)

もちろん幸せの門出を祝うとてもおめでたいことですので,良いものをプレゼントすることが一番ですが,お互いの関係性を考えながら,オススメのプレゼントやその渡し方,相場などを実際の一般常識の範囲内で紹介していきたいと思います。

結婚祝いを渡すタイミング

いくつかのサイトを調べてみると,このようなことが書かれていました。

本来は大安に,結婚祝いのプレゼントを自宅に持参する。しかし,相手の都合もあるためこの限りではない。郵送をする場合は,挙式の1ヶ月〜2ヶ月前。挙式当日はダメ。職場や外出先で渡す場合は,大きいものは荷物を増やすことになるので,『目録』を渡してから,後日自宅に送り届けること

かしこまったサイトではこのようなことが書かれています。

しっかりと結婚祝いをする!という方であればこれぐらい入念に準備をしても良いかもしれません。

しかし,同僚や友人という親しい関係であればここまで厳密に行う必要はありません。同僚や友人であれば以下のどれかで可能なものを選択しましょう。

1.挙式よりも前に相手先の自宅に行く予定がある。

→自宅にプレゼントを持参し,手渡しする。

2.遠方の場合や挙式の前に相手先の自宅に行く予定がない。

→プレゼントを郵送で贈る。

3.(職場が同じ場合)職場で会う。予定しているプレゼントがそこまで大きくない。

→職場で直接渡す。

4.(職場が同じ場合)職場で会う。予定しているプレゼントが大きい。

→プレゼントを郵送で贈る。

概ね以上の4つのパターンに分かれるのではないでしょうか。

あまりかしこまる必要もなく,結婚をお祝いするということを最優先して考えることが一番大切だと思います。

相場は関係によって変わります。

また,新郎新婦が披露宴を行うか行わないかによっても金額が変わります。近頃は披露宴を行わない夫婦も増えていますので,披露宴の開催の有無や,披露宴の招待があるのか,披露宴に出席ができるのかを確認する必要があります。

結婚祝い相場表

結婚祝いの相場表
新郎新婦との関係性披露宴へ参加披露宴へ不参加
友人・同僚0円〜1万円5000円〜2万円
上司(目上)0円〜1万円

5000円〜2万円

部下(目下)0円〜1万円5000円〜2万円
兄弟・親戚等0円〜3万円5000円〜5万円

実は他のサイトを参考にすると,披露宴に参加する場合でも必ず3000円以上のプレゼントを贈るべき!という紹介を見かけるのですが,実際はそこまでする必要はないと思っています。

実際に私が結婚した際には,披露宴に参加する方から別途プレゼントを頂いたのは本当に仲の良い友人などの数人でした。

披露宴のご祝儀を3万円とする場合は,特に結婚祝いまでは考えなくて良いと私は思っています。本当に仲の良い友人にはご祝儀以外にもプレゼントを渡したくなることもあると思うので,そういった場合はもちろんプレゼントを渡してお祝いをしてあげましょう。

また,関係性の中でも金額に差があるのはお互いの距離感や,既に自分がもらった場合や,披露宴に招待されたにも関わらず参加ができない場合等,状況に応じて金額が変動することを考慮しています

相手が本当に喜ぶ結婚祝いを選ぶには

さて,結婚祝いを贈るときどんなものが喜ばれるでしょうか。次に紹介する選んではいけないもの以外であれば,正解はありませんので,相手のことを考えてプレゼントを選びましょう。ここでは一例としていくつか紹介します。

夫婦が一緒に使えるもの

そもそも結婚祝いは二人の結婚をお祝いして贈るものです。『ペア」の何かを贈ることはよくあるパターンです。ペアのコップや器,グラス,お箸など,種類も多くありますので,ディズニーが好きな夫婦にはディズニーのペア◯◯のようなものをプレゼントしてあげると喜ばれるでしょう。

夫婦の新生活に使えるもの

今まで同棲をしていたカップルでなければ夫婦になるということは,大抵の場合はこれから一緒に生活をすることになります。その際には,生活家電を中心にプレゼントしてあげると実用的に非常に喜ばれます。少し値がはる場合は,共通の友人と一緒に購入しても良いかもしれません。

その際には,「必須ではないけれど,あったら嬉しいもの』を選ぶと喜ばれるかもしれません。必需品はもう自分で購入済かもしれませんし,好みの問題もあります。

例えば,コーヒーメーカーや,おしゃれなホットプレート,空気清浄機などがあります。

夫婦のどちらかが好きなもの

結婚祝いだからといって,二人が必ず喜ぶでなければいけないこともありません。新郎か新婦一方のみ知り合いの場合は,一方の好むに合わせたプレゼントを渡しても良いと思います。

普段から親しい関係であれば,「ワイヤレスイヤホンが欲しい!」「スピーカーが欲しい!」と候補が決まっていればそれをプレゼントしてあげれば絶対に喜ばれます。

夫婦の結婚記念品

最後に,二人の記念となるものを贈るという選択肢もあります。新郎新婦との思い出の写真が多い方はフォトフレームや記念フォトブックというものもあります。また,名前と結婚日や似顔絵がプリントされているシャンパン等もありますので,せっかくだから記念に残るものという考えでこの選択肢をする方も多くいます。

これだけはダメ!?選んではいけない結婚祝いとは

基本的には相手が喜んでもらえるものであればどんなものをプレゼントしても良いのですが,二人の門出を祝うものですので,以下のようなものは避けるのがマナーです。

縁起が悪いもの

刃物・・・ハサミなどの切れるものは「縁が切れる」ということを連想させるため避けましょう。

ハンカチ・・・ハンカチは「手巾(てぎれ)」といって,別れを連想させるため避けましょう。ただ,近頃はブランド物のハンカチを引出物に選ぶ方もいますので,少しずつ変化していることは事実です。

くし・・・くしは「苦しい」「死ぬ」ということを連想させるため避けましょう。

お茶・・・お茶は香典返しなどの弔事で使われることが多いため,結婚祝いでは避けましょう。

縁起が悪い数字

くしでも紹介しましたが,『4』と『9』は「苦しい」「死ぬ」ということを連想させるため避けましょう。また,偶数は割り切れてしまうため,結婚祝いには縁起が悪いと言われています。

「2』も偶数ですが,ペアであるため例外です。

縁起の悪いものをいくつか紹介してきましたが,最近はそこまでダメ!という印象が薄れているのが現状だと思います。

ただし,良い家柄の方や年配の世代の方々はとても気にされることですので,最低限あまり縁起がよくないものは避けるのがベターです。

結婚祝いの「のし」・「ラッピング」について

結婚祝いは正式な贈り物ですので,のし紙をかけて贈るのが一般的です。

のし

慶事ですので,「水引」ののし紙を選びましょう。

また「結び切り」「あわじ結び」「蝶結び」とありますが,蝶結びは,何度でも結び直せてしまうということもありますので,避けるようにしましょう。

ラッピング

基本的にはのしをかけて贈るのがマナーですが,そこまでかしこまって贈りたくないという場合は,出来るだけ豪華にラッピングをしてあげるようにしましょう。

メッセージ

もし,一言メッセージを加えてあげることができるプレゼントであればぜひ一言を添えて贈り物をしましょう。その際は,単に「結婚おめでとう!」だけでなく,二人の門出を祝う素敵な言葉を考えてあげると良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

単に結婚祝いといっても,関係性によって相場が変わったり,選んではいけない縁起の悪いものがあったりと,一度は知識として学ぶ必要があったのではないでしょうか。

ただ,長々と紹介をしてきましたが,親しい友人の結婚であればそこまで厳密に考える必要はないと思っています。

大切なことは,新郎新婦をしっかりとお祝いする気持ちだと思います。

ぜひこのページを参考にして,素敵な結婚祝いをプレゼントしてください。

最新情報をチェックしよう!